タイムカードは労働者全てを管理するためには必須です

###Site Name###

企業は働いている従業員全てを管理する義務がありますが、大人数になると従業員全ての管理をすることが困難になります。


しかし、従業員の管理が企業側の義務なので、従業員の管理をすることを目的として全ての企業がタイムカードを導入しています。

wikipediaが気になる方に必見の情報です。

タイムカードを導入することによって、従業員ひとり一人の出勤時間と退勤時間が記録されるので一ヶ月の勤務時間が直ぐに把握できます。

タイムカードは社長以外の管理職も含む全ての従業員が出勤時と退勤時に記録しなくてはいけません。



大企業になると高機能のタイムカードを使用しているので、より細かく記録することができる機器を使用しています。また、労働基準監督署から監査が入ったときにもタイムカードが効力は発生することがあります。
手書きで記録している場合には改善ができますが、機器を使用することで改善ができないので、労働基準監督署に対する信用性が高くなります。
企業側が従業員の勤務時間を把握するだけではなくて、従業員本人も自分の勤務時間を把握できるという最大のメリットがあるので、サービス残業をしなくて良いようになります。

機器に記録することで企業側と労働者側の間で給料の支払に関するトラブルを未然に防ぐことができるので、労働問題が起こる可能性が極めて低くなります。

勤務時間を記録することで給料計算をする経理の仕事も効率が上がるので、簡単に給料計算をすることが可能です。機器は一度購入すると数年間も使うことができるので、コストもかかりません。