タイムカードの勤怠管理

###Site Name###

タイムカードを取り扱い勤怠管理をしている職場は少なくなりません。


特に注意しなければならないのが、打刻漏れです。

タイムカードの打刻機によって異なりますが、出勤時・退勤時はそれぞれボタンを押下し、タイムカードを通すタイプのものもあります。



万一、打刻漏れが発生した場合、対象者は職場の管理者に申告する必要があります。


申告を受けた管理者は速やかに手書きで出勤ないし退勤の時間を記入。



その後、管理者印にて押印をすれば運用でカバーできます。管理者印がない場合は、虚偽の出退勤の報告ができてしまいます。


管理者印は第三者が容易に入手できない印鑑の選定・使用することをお勧めします。

タイムカードで勤怠管理をする場合、付随する他の作業が発生してしまうデメリットはあるでしょう。

YOMIURI ONLINEのお役立ちコンテンツ満載です。

また、職場によっては外出時間については外出の打刻報告が必要になります。

この場合もやはり対象者の打刻漏れの心配があります。
出勤・退勤時においては管理者が打刻漏れが発生していないかを目を光らせて管理しています。
しかし外出となれば話は別です。


業務時間中にたとえば管理者が一人しかいなく、打合せまたは電話等をしており、不在だった場合気づくことが難しいといえるでしょう。

従って管理者は配下メンバーのディリーのスケジュール管理が徹底できているかもタイムカードを取り扱う職場においては他の職場以上に重要となります。

スケジュール管理が不十分の場合、部下が虚偽の申告をしたのか。

本来のスケジュールを遂行しているのか判断がつきません。

つまり勤怠管理は事前・事後の確認徹底が必須です。