タイムカードから勤怠管理

###Site Name###

タイムカードはサラリーマンにとっては給料を支払う上で、欠かせない機能の役割を持っています。

給料を正しく支払わなければ後で訴えられるなどのトラブルが無いように、社員自身も経理部も確認作業を怠らないように努めていきます。



勤怠管理から分かる事、給料を正しく支払われる機能だけでなく、社員一人一人の勤務実績としてデータとして残っています。


社員が退職するまでは記録として保存されていっているので、いつでも見る事が可能です。


タイムカードは毎月表紙が変わっていますが、それでも大事に保管する義務があるのが会社としての務めです。

社員は会社で勤める事が重要ですが、それが勤怠管理です。


タイムレコーダーはタイムカードを打ち込み機械として認識されていますので、サラリーマンは出社時、退社時一日のけじめ作業こそがタイムカードを使う事です。


勤怠管理はカードを打ち込まれたからといって安心しない事です。

目的に応じてコトバンクにはこちらのサイトが最適です。

パソコン上で社員の出勤実績は保存されているので、正しく入力されているのかも確認する必要があります。



ずっと同じ行動ですが、地道な作業です。

給料を正しく支払ってもらうための行動と考えたら当然の作業です。


社員はずっと実績として残されていると、いつでも見る事が出来ますが、退職した社員はもう見る事が出来ないです。

期間が過ぎたら、タイムカードも勤怠管理の記録も破棄されています。


一定期間までは保存して残す必要がありますが、幾ら元社員であっても情報漏洩をしてはいけないという事です。